direct cooling technology

開発実績development

空調服

空調服™

人間には脳を制御装置とする理想的なクーラー(皮膚や体が温度センサー、汗腺がマイクロクーラーの役割を担い、暑くなると脳の指令で汗腺から必要量の汗を出し、汗の気化熱で体温をコントロールする)生理クーラーが備わっています。しかしながら汗を気化させる為に体表面に送風する機能はなく、生理クーラーの効く温度範囲は広くありません。空調服は体と平行にファンで送風することで生理クーラーの有効範囲を大幅(3℃~10℃程度)に拡大します。

どこでも・座クール

どこでも・座クール®

夏、長時間いすに座っているといすの座面が臀部からの体温や湿気でぬくもってしまいます。座面に接している体の部分からの放熱ができなくなるためです。これを解決するための最大の決め手は、臀部が座面に接していない、すなわち宙に浮いてさらにその間を風が流れている事です。どこでも・座クールはスーパースペーサーによりいすと体の間に1センチの間隔を設けその間をファンで送風します。これにより臀部から出た汗や熱気は臀部の下を流れる風により外部に排出されるので臀部がぬくもることはありません。なおスーパースペーサーはいすのクッション性を確実に伝達するためクッション性を損ないません。

スーパースペーサー

スーパースペーサー

真夏、重いリックを背負って歩いていると背中にべっとり汗をかきます。もし背中とリュックの間に1cmの隙間があり、そこのあいだを背中と平行に風が流れていれば背中に汗をかくこともなく快適にすごすことができます。これを実現するためには背中やリュックの形状に関係なくなじみ、しかもリュックの重量に押しつぶされる事がなく、さらにほとんど空気抵抗のないスペーサーが必要です。これを具現化したものがスーパースペーサー(世界初 特許番号3697713号)です。リュックに限らず体と何かが接して汗や熱気により蒸れる、いたるところに応用する事ができます。
また、ブロック接続部の形状工夫により柔軟性が高く、椅子やシートのクッション性を体に伝達し、すわり心地を損ないません。

空調ベッド

空調ベッド

夏の寝苦しさの要因は、体温や湿気で寝具(ベッドマットやふとん)ぬくもってしまい、寝具に接している体の部分からの放熱ができなくなってしまうためです。
これを解決するための最大の決め手は、体が寝具に接していない、すなわち宙に浮いている事です。体を宙に浮かし、さらに寝具と体の間に風が流れていれば、暑さによる寝苦しさは大きく改善されます。長年の研究の結果、体重を支えしかもクッション性を損なわないスーパースペーサー技術と体とベッドの空間に送風する風路技術により寝苦しさの改善がはかれます。

空調リュック

空調リュック®

「空調リュックCOOL PACK」は、汗を蒸発させることによる気化熱で涼感を得る「生理クーラー」理論を利用しています。そのため、涼感を得られるのはもちろん汗による不快感も防ぎます。さらに、涼しすぎるということもありません。また、お手持ちのリュックに装着する仕様になっています。そのため、お気に入りのリュックをそのまま快適に背負うことができます。氷などを活用した冷涼シートやベストがありますが、いずれも気温ほか条件に稼働時間が左右されます。その点、単三電池4本を利用する「空調リュック COOL PACK」であれば条件に左右されることなく最大8.5時間可動します。

風量が強の場合の最大稼働時間です。専用バッテリーの場合は稼働時間が異なります。

生理クーラー、スーパースペーサー
関連開発

生理クーラー、スーパースペーサー関連開発
pagetop